お金に困った!どうにかして借りたい時に見て欲しいキャッシング体験談

何とかお金を借りたい

生活していると色んな事が急に起きたりなど、自分が思ってもみない事が
起きたりしますね。それは予測していたとしても、自分が忘れてしまったりなど、
違った要因でも起きたりします。

お金に関しても、急にお金が必要になるケースがあったり、何かをするために
期日がありお金が必要だったりなど、手元にお金がある、預金があって
お金に余裕があれば良いのですが、そうでない場合も多いかと思います。
例えば子供のために即日キャッシングしてでも用意しなければいけない場合なども
考えれます。

お金に困った、どうにかして借りたい

預金がなかったり、身近な人から借りたり出来れば良いのですが、
そうったお金の目途が付かない場合はお金を借りる事になります。
何とかお金を借りたい場合に大事な事があります。

・今すぐお金を借りる必要があるのか
・どのくらいお金が必要なのか
・月々どのくらいなら返済できるのか
・借入期間はどれくらいを想定しているのか

今すぐお金を借りる必要があるのか

今すぐお金を借りる必要があるという事は、急いでいる事がわかります。
急いでいる場合に重要なのが、即日でお金を借りられるかどうかです。
キャッシング会社の中には即日でお金を借りられない会社もあったりします。
また、即日と謳っている会社であっても融資方法によっては即日でキャッシングできない
場合があります。銀行の営業時間の関係で振込み融資での即日キャッシングは
当日15時以降の場合翌営業日の振込みになります。振込みの場合注意が必要です。

どのくらいお金が必要なのか

いくらぐらいお金を借りようとしているのか?
もしも消費者金融などでキャッシングを検討している場合は総量規制の対象となるので
年収の3分の1までに借入が制限されます。実際には希望額が総量規制の範囲内だとしても
審査があるため必ず借入が可能な訳ではありませんが、目安として最大借りられる金額は
わかります。

月々どのくらいなら返済できるのか

とても重要なのですが、今後の環境の変化もある程度考慮して
月々の返済でどくらいまでであれば問題なく返済が可能なのかを
自分のなかで計算してみましょう。どうしてとても重要!と言ったかというと
この返済額でどれくらい借入できるかを考える必要があるからです。
返済額を基準にして考えれば、返済がきつくなるといった事が起き難くなります。
おのずと借入が可能な額も決定するので、それ以上借入してしまうと返済がきつくなる
可能性があるという事になります。返済可能額を正確に算出しましょう。

借入期間はどれくらいを想定しているのか

返済に関していうと、借入額や返済額で返済の期間は決まってしまいますが、
返済を出来る限り楽にしようと思えば、実はできます。消費者金融の多くが、
借入残高に応じて最小返済額というのを設定しています。最小返済額は
月々の返済でその額を支払えば大丈夫な額なのですが、返済しやすいように
低く設定がされています。この最小返済額での返済をしていけばかなり楽に
返済が可能となります。

ただし、注意が必要で、最小返済額での返済は返済額が少ない分、
毎月の元本の返済が少なくなってしまうという欠点があります。
わかりやすく言うと、返済というのは借入たお金の返済に充てる額と利息をプラスして
返済しているので、元本の返済が少ないと返済期間が長期化してしまいます。
確かに返済自体は楽なのですが
最終的には返済期間が長くなり総返済額が増えていくことになります。

何とか借りたい状況でも最低限、上記の内容は把握して借入する必要があります。