お金に困った!どうにかして借りたい時に見て欲しいキャッシング体験談

キャッシングで作家デビュー

作家になりたい

私には作家になるという目標があります。そのために本を出版したいのです。
本を出すというのは簡単なことではありません。
出すするための原稿を書かなければなりませんし、何より出版費用だって馬鹿にはなりません。
ただ、私の作品は自信があるので、まず本を出したいのです。

キャッシングで狙う作家デビュー

そこで考えたのはキャッシングで執筆・出版の為の資金を調達することです。
キャッシングはリスクが大きいですが、その分時間を短縮することができるのです。
時間は何事にも代えがたいもので、時は金なりとも言いますね。
キャッシングをすることができればまず執筆を妨げる「仕事」をする必要はなくなります。
将来的には執筆が仕事になるわけですが、そのために時間の制約を受けたくないのです。
キャッシングで手に入れた時間で将来の印税や作家収入を速めることができますし、
私は作家デビューする夢がかなうわけです。

これは一石二鳥の最高の案だと思います。
ここで大切なのはキャッシングという一見リスクとも思える行動をとらなければ、
将来の安定は得られないということです。
まずキャッシングでリスクを取っておけば、まずキャッシングと真剣に向き合うことになります。
ただ、それは他の仕事ではなく、作家としてやっていくという心構えを
固めるきっかけになります。
まず大切なのは作家になるために腹を据えて集中するということです。
その為にキャッシングは非常に良い機会になります。

執筆時間を得る

キャッシングをしたことで私が得たものはかけがえのないモノでした。
執筆時間と、自由な発想をするためには必要不可欠な「自由な時間」です。
仕事に追われていたのでは自由な発想はできないのです。
今では自分の作品と正面から向き合えるようになりました。
一作目が完成し、現在は二作目の執筆に取り掛かっています。
執筆は多大な集中力と体力を使う非常に苦しい作業ですが、
自分でやろうと決めたことが自由にできるメリットは
何事にも代えがたいものだと思っています。