お金に困った!どうにかして借りたい時に見て欲しいキャッシング体験談

カードローン申し込み時の在籍確認

カードローンに申し込まれるとどなたでもご利用できるわけではありません。
それはカードローンには必ず所定の審査があり、
審査に通過しないとご利用できないからです。

審査では年収や勤務先、勤続年数、他社からの借入など
様々な項目からお申込者の返済能力や信用力を調べています。
お申込みされたときに申告された勤務先に
本当に在籍しているかどうか、勤務先への在籍確認の電話連絡があります。

個人名で電話が来る

カードローンの会社名で電話を掛けるのではなく、
オペレーター個人名を名乗ってくれるので、
勤務先にお金を借りようとしているとバレてしまう事はありません。

誰からの電話だったのか上司や同僚に聞かれたときは
クレジットカードに申し込んだと言っておけば問題ありません。
勤務先への在籍確認まで進めば審査に落とされることが少ないです。
それは在籍確認の電話連絡まで行っておいて審査に落としたら、
お申込者から苦情を言われてしまうからです。

電話確認なしのカードローン

ですが勤務先によっては掛かってきた電話が社長のもとへ転送されたり、
個人名の電話は怪しまれてしまう場合もあります。
勤務先へ電話をされると困ると言う方は電話確認なしで
お金を借りることが可能なカードローンに申し込まれると良いです。

お申込みやご利用はインターネットから、契約もネット上からですし、
カードが発行されることが無いのでご自宅に郵便物も届きません。
電話確認なしのカードローンなら勤務先はもちろん
家族にも内緒でお金を借りることが可能です。
とはいえきちんと返済の目処をたてて、計画的に利用するようにしましょう。